忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

乾坤一旗です。

先日、我々の率直な思いをお伝えして以来、多くのサポーターの皆様から叱咤激励、様々なメッセージをいただき、予想以上の反響に驚き、また感謝しております。

いずれを取りましても、皆様がフロンターレを応援する強い気持ちが感じられ、我々もまた気持ちを引き締めてより一層応援を盛り上げていかなければいけないとの思いを強くいたしました。

色々あった今シーズンもいよいよ残り少なくなってきました。
多くの方から言っていただいたように、サポーター全員が心を一つにしてフロンターレを応援していきたいという思いは皆同じだと思います。
目の前の1試合1試合を、ベストを尽くして戦っていきましょう!
ご協力、よろしくお願いいたします。
PR
乾坤一旗です。

日頃、我々の応援活動にご協力いただき、誠にありがとうございます。
天皇杯 千葉戦から3試合に渡り、川崎フロンターレの応援を主導させていただきましたが、実力・人手不足はいかんともしがたく、チームを勝たせる応援ができていないと感じています。

元々、応援団として一緒に活動していながら、川崎華族・ブルースターは活動自粛、我々は活動継続という道を選んだのは、一重にチームのために応援を途切れさせてはならないという思いから、実力不足は承知で敢えて応援を主導させていただきました。
しかしながら、現場でサポーターのご意見を伺うにつれ、また我々自身の活動を省みましても、このままでは十分チームの力になる事ができず、本来目指した「チームのために」というところが達成できていないように感じています。

本来は我々も大宮戦の一件で、現場にいた一員として活動を自粛すべきところを「チームのために」という一念だけで応援活動を続けさせていただいております。
であれば、川崎華族・ブルースターのメンバーの内、本来事件に参加していないメンバー、チームからの処分が晴れたメンバーだけでも応援をリードする活動へ一日でも早く復帰してもらいたい、乾坤一旗としてはそれを切に望んでいます。

今回の一件で乾坤一旗も傷つき、自身を省みる事ができました。3団体が揃っての応援が出来れば、以前にも増して等々力全体が一丸となって応援できると確信しております。

どうかご理解いただきますよう、お願いいたします。
先日お知らせいたしました来年ACLに出場した場合、1階席が観客席として使えなくなる件について。

川崎フロンターレ応援団は「等々力陸上競技場の全面改修を推進する会」を通じ、川崎のスタジアムをアジアへPRする絶好の機会となるACLにおいて、1階席に観客がいないという状況は避けていただきたい、アジアサッカー連盟のスタジアム規則に基づいた座席を設置していただきたい、と福田市長へ要望いたしました。 特に等々力ゴール裏は元々立ち見席で椅子一つなく、大きな障害があると思っております。

そこで川崎サポーターの皆さんからもぜひ川崎市へご意見をお寄せいただきたく、お願いいたします。 下記をご参照の上、是非ともよろしくお願いいたします。

<川崎華族ブログより抜粋>

等々力競技場の1階観客席へのAFC基準に基づく座席設置に関しては、「等々力陸上競技場の全面改修を推進する会」を通じ、川崎市福田市長に対し要望書を提出しております。それを受けて今頃は、川崎市の担当部署にて要望書に対する精査と検討がなされているものと思われます。

そこで皆さまにお願いなのですが、今回のAFC基準に基づく座席設置の問題や、フロンターレが海外のクラブと等々力競技場で試合を行なう意義、あなたにとってのフロンターレの存在など、サポーターや市民としてフロンターレに関して今考えている率直な意見や要望をぜひ積極的にアピールして頂けないでしょうか。

もちろん私たち応援団のメンバー宛にご連絡を頂いたり、個人のSNSで発信したりするのでも構いませんが、それよりも皆さま一人ひとりから川崎市に対し直接意見を伝えて頂く方が、問題の解決を前向きに図る上で最も効果的かと思います。

川崎市では下記のホームページにて、市民からの意見や提案をお待ちしております、とのことですので、この機会に忌憚のないあなたのご意見・ご要望を直接川崎市に届けてもらえると心強いです。
以下のリンク先のメールフォームからでも受け付けております。

■川崎市 市長への手紙
http://www.city.kawasaki.jp/170/page/0000016761.html

ぜひともご協力よろしくお願いいたします。


気の早いお話しとお思いかもしれませんが、またシーズン中の戦いに集中すべきなのは分かっておりますが、大切な事だと思います。ぜひご一読下さい。
-------
フロンターレが来年アジアチャンピオンズリーグ(ACL)に出場した場合、等々力競技場で開催されるホームゲームでは、バックスタンド1階席を空席にして戦わざるを得ない可能性がある、との報道がありました。
アジアサッカー連盟(AFC)が2017年から厳格に適用するというスタジアム観客席の規定によると、背もたれ付きの個席以外は観客席として認められず、その条件に該当する等々力競技場のサイド・バックスタンド1階席が観客席として使用できなくなる、とのことでした。

フロンターレがACLでアジアの強豪クラブをホーム等々力に迎え撃つ時、一体感ある応援の発信地でもあるバックスタンド1階席を空席にしたままで試合に臨むことなどあってはなりません。ましてや、等々力競技場でのACLの試合開催を諦めて、別の代替スタジアムを使用するという選択肢もあり得ないと思います。
フロンターレの選手たちには、ACLでもJリーグの試合同様、サポーターの一体感に満ちた超満員のホームスタジアム・等々力競技場で、アジアの頂点を目指し臆することなく全力で戦って欲しい。
それが私たちの願いです。

現在、フロンターレは観客動員が毎試合2万人を超えるようになり、後援会員も3万人の大台を突破。地域に根差したプロサッカークラブとして多くの川崎市民がフロンターレを応援しています。
また、クラブが地域貢献活動をどこよりも積極的に行なってきたことで、Jリーグの調査による「地域貢献度1位」の評価を毎年のように獲得し続けるなど、フロンターレは市民にとって最も身近な存在になりました。
今や等々力競技場で試合が行なわれる日は、街中にフロンターレカラーが溢れ、スタジアムの周りは人々の笑顔に包まれています。
まさにフロンターレの快進撃がこの川崎の街に幸福をもたらしてくれているのです。

今回の報道では等々力競技場の観客席の背もたれの問題が明らかになりました。しかしながら私たちサポーターが、等々力競技場を所有・管理する川崎市に対し、そういったフロンターレを身近に感じる多くの市民の声をしっかりと伝えていくことができれば、必ずや解決の糸口が見出せるものと確信しています。

私たちは事態の解決に向け、サポーターの立場から前向きかつ積極的なアクションを起こしていきます。
引き続きのご理解とご協力をよろしくお願いします。

今年もこの時期になりましたね・・・
退団選手の送別会を開催いたします。

急に開催情報が変わる可能性がありますので、情報は以下でご確認ください。
http://bit.ly/1OAvqps

よろしくお願いいたします。
次のページ >>
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新TB
バーコード
ブログ内検索
お天気情報
忍者ブログ [PR]